愛する二人のため。『バイアグラ』でEDにさようなら!

バイアグラにも弱点が!

Medicines

人によっては怖いという印象もあった『バイアグラ』ですから、きちんとその副作用についても把握しておく必要があります。

バイアグラの副作用は、顔のほてりや目の充血です。血管を拡張する効果がある薬なので、仕方が無いとも言えますね。
利用者の多くが感じると言われていますが、営みに影響が出てしまうほど強い症状ではありません。
しかもこの副作用が出てくるということは、バイアグラの本来の作用の効果も出始めているというサインでもあるので、これを合図と考えて受け止めている人も多いそうです。

他の症状としては鼻づまりや、頭痛、動悸、そして光が眩しく見えたりすることも稀にあるようです。このような症状が出てしまったり、ほてりなどの症状も長引くようであれば、医師に相談してみたほうがいいでしょう。量の調節や薬の種類の変更などをしてもらえるでしょう。

そして注意しなければならないのは、バイアグラを服用してはいけないケースがあるということです。
脳梗塞や心筋梗塞の既往歴がある人や、低血圧ないし高血圧の人、肝機能障害のある人、硝酸薬を服用または使用している人などが挙げられます。
バイアグラの後に登場したレビトラよりも、飲み合わせが危険な薬の種類は少なくなるとはいえ、自分が服用しても大丈夫な状態なのかは1度病院で診察を受けてから判断したほうがよさそうです。

また服用の際の注意点として、服用のタイミングが難しいとも言われています。
バイアグラの効果が出てくるまでの時間を逆算して服用すればよいものなのですが、食事の影響を受けてしまうという弱点があります。
食後、満腹時に服用してしまうとその後の効果が感じられにくいというのです。服用後5時間ほどは効果が持続しますから食後に営みをするとしても、その食前(=空腹時)に服用したほうが効果を得られるでしょう。

またアルコールに関してですが、決してよくないものでもなく、少量であれば緊張を緩和してED対策としても問題は無いようですが、飲みすぎてしまうと、こちらもバイアグラの効果を発揮できなくなってしまいますから、「今日はバイアグラを飲んで頑張るぞ!」と言うときにはお酒は我慢して臨みましょう。

Copyright © 2016 愛する二人のため。『バイアグラ』でEDにさようなら! - Design by Colombia Hosting